あまねく人々にベンチを.日本のまちをベンチで再生!

JAPAN BENCH PROJECT
TOKYO BENCH PROJECT

 
produced by 

ベンチ社会実験

神田ベンチプロジェクトがはじまります!

2017年10月23日

 
JAPAN BENCHI PROJECT/TOKYO BENCH PORJECTは、第一段プロジェクトとして「神田ベンチプロジェクト」を2017年10月23日(月)〜29日(日)に東京・神田にて行います。このプロジェクトは「神田警察通り賑わい社会実験2017」の一環として行われるもので、ベンチがひとつもない神田のまちのなかの「不動尊通り」の歩道および「神田錦町2丁目1」エリアの公開空地に、合計20のベンチを設置し、日常としてのベンチのある風景をつくりだすものです。また、期間中の実際の利用状況の詳細についても調査を行い、今後の常設設置へとつなげていく試みとしています。



なお、このプロジェクトは、株式会社グランドレベル(田中元子、大西正紀)、東京都市大学都市生活学部 中島伸によって企画されたもので、(株)コトブキによるベンチの提供のもと、期間中は、 東京都市大学都市生活学部中島研究室や株式会社コトブキを中心とした利用調査が行われます。期間は1週間となります。大手町、神田、神保町、小川町、淡路町からのアクセスがしやすい場所となりますので、ぜひ一度足をお運びください。



【開催概要】 
タイトル:『神田ベンチプロジェクト』 
日時:2017年10月23日(月)〜29日(日) 
場所:東京・神田 出世不動尊通り脇歩道、「神田錦町2丁目1」エリアの公開空地

主催:神田警察通り賑わい社会実験実行委員会(神田警察通り沿道整備推進協議会・UR都市機構) 
企画運営:神田ベンチプロジェクト(株式会社グランドレベル、中島伸(東京都市大学都市生活学部)、株式会社コトブキ) 
後援:千代田区、公益財団法人まちみらい千代田、プラットフォームサービス株式会社

調査:東京都市大学都市生活学部中島研究室、株式会社コトブキ
ベンチ提供:株式会社コトブキ
協力:出世不動尊通り商店会、株式会社安田不動産、UR都市機構
企画支援企業:一般社団法人大手町・丸ノ内・有楽町地区まちづくり協議会


「神田警察通り賑わい社会実験2017」フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kandaforpeople/

公式ハッシュタグ:「#神田で発見」